Main | January 2005 »

12/31/2004

お飾り

淀川に集合。
鳥居にお飾りを付ける
淀川テクニック特製ゴミお飾りだ。

しかしミカンを持ってくるのを忘れて家に取りにかえる。そのついでにカップ酒も買ってくる

今日は寒いので熱燗で飲みたくなり、焚火してカンカンでお湯を沸かし酒をあっためてようとする。
雨が降った後なので木切れがしけって火がつきにくい。
頑張って一時間位かけてやっと熱燗にする。
まぁ今年も色々お疲れ様ということで乾杯!041231_160846.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/28/2004

タコ焼きセット

041228_151353.jpg
今日も淀川のダストポイント(不法投棄現場)を見てまわる。

お気に入りのポイントに近付くと遠くからでもゴミが以前よりも増えているのがわかってテンションが上がる。

そこは撤去してもまた次の日にはゴミが捨てられているというハッピーポイントだ。
近づいてみると業務用のタコ焼き機発見!そしてそのすぐ横にプロパンガスもある。
タコ焼き屋セットだ!

それを持ち帰って自分がタコ焼き屋になるのを想像してみる。
作業服も沢山落ちてて洗濯機も捨てられてるから粉で服が汚れてもすぐに洗濯出来る!

そうそう!肝心の粉とタコとソースが無いといけない!
ゴミの山を探索してみるがそれらは落ちていなかったので今日のところはタコ焼き屋を諦めることにする…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/27/2004

GEISAI-7 メダリスト展

3月20日に開催されるGEISAI-7のメダリスト展で、淀川テクニックも参加させて頂くことになり、昨日(26日)その打ち合わせの為、東京に行って来た。
打ち合わせ会場には村上隆さんをはじめ、関係者、過去のGEISAIの受賞者の方々も勢揃いでマッチャンも僕も緊張しまくる。
個人的に僕はGEISAI-2から参加していて、当時は受賞された方々やその作品をスゲーナーって見上げていた。今回そんな方々と一緒にメダリスト展に参加できるのは本当に光栄だ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/24/2004

取材

Dvc00020讀賣新聞の人に取材を受けた。
以前、九月頃にも同じ記者の方に取材と写真を撮って頂いたのだが、十二月になっていざ記事にしようとしたらところ、写真の僕たちは半袖でそれはちょっとマズイということになったらしい…

記者の方の要望で今回もチヌの写真を十三大橋の下で撮ることになり、西中島に置いてあるチヌを十三大橋の下に移動するがけっこうそれがしんどい。
河川敷にはバイクが通り抜け出来ないように1m位の高さのゲートがあって、普通の自転車位なら隙間を通れるがチヌはデカすぎて通れるないのでマッチャンと二人でチヌを持ち上げてゲートの上を通過させる。

いつまでたっても取材慣れ出来ない僕たちはぎこちない…突然笑って下さいと言われても変な笑顔しか出て来ない。
でもカメラマンと記者の方は僕たちの作品を気に入ってくれたみたいで、苦労して持ってきたかいがあった。やっぱりたまにはいろんな人にお披露目をして意見を聞くのも大切だ。

僕の持っていたざくろをマッチャンと二人で食べた。

オマケ
取材が終わって西中島にチヌを持って帰りながらブルーシートハウスのオヤジを観察していると、後ろ向きのテレビを普通のテレビの様に眺めていた(電気すら無いのに…)041224_133301.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鳥居

Dvc00019最近、十三大橋の下に鳥居を作った。
十三大橋の下には今まで色々な物をつくったが、今回のが一番わびさびのあるものになった。

前々からマッチャンと鳥居を作るアイデアはでていたんだけど、ちょっと宗教っぽいのもあって考えすぎてて見送っていた。
でもよくかんがえると、町中にはたちションよけの鳥居のペイントだっていっぱいあるし、なにしろあの強烈な形は魅力的だった。

鳥居なんか材料もあんまり拾ってこなくていいし、すぐにできたが、案の定完成してみるとかなり強烈だった。
というか、自分で作っといて自分でびっくりした。
なんかよくわからんけど田舎の呪いパワーみたいなのを感じた。
昔のアニメでサスケっていうのがあったけどなんかそんな雰囲気だ。

次の日は少し調子に乗ってマッチャンと僕で一つづつ計三つつくった。
少し離れてみるとスカイビルと重なってスカイビルも鳥居に見えてきた。
他の人にそれをつっこまれたら、それも計算の内だと言うことにする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/21/2004

淀川テクニックってなんやねん!

淀川テクニックは淀川に落ちているゴミ、漂流物などなんでも拾って作品を作るけどそれだけではありません。

淀川で泳ぐことはもちろん、夕立の時に橋の下で勢い良く落ちてくる排水で滝に打たれたり、水面に立ったり、水陸両用台車で淀川遊覧をしたり、ブルーシートに住んでる親父が飼っている野犬の群にわざと突っ込んで追っかけられたりと、今までかなり重要な任務をこなしてきました。

しかし時々、ふと我に返って自分たちのやってきたことを振り返ってみると、いつもニヒルな気分になってしまいます。そんな弱い自分をまぎらわす為にも缶ビールを飲むのです。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Main | January 2005 »