« January 2005 | Main | March 2005 »

02/28/2005

GEISAI

だいぶGEISAIが近づいてきた。
だいたい何をするか決まってきたけど、今頃になってアイデアがどんどん出てきて「こんなんどう?」とか言ってなかなかまとまらない。
Dvc00033

帰りがけにゴミ捨て場で新品のお皿を沢山拾った。
リサイクルショップに持っていくと500円になったのでエビスビールを買って二人で飲む。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/25/2005

ライバル

Dvc00028
最近僕らのライバルが表れた!作者はもちろん淀川に住んでるオッサン。額縁には

  「天狗道場
    老剣士になろう!」

と書いてある。結構強敵

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/22/2005

二人のオヤジ

Photo027


今日は二人のいいおやじに出会った。
どちらも淀川でブルーシートの家に住んでいるおやじだが、一人は生きているが、もう一人はすでに死んでいる。

少し前になるが、マッチャンが原さんっていうおやじが死んだらしいよ。と噂を聞きつけてきた。
なんか体をこわして入院していたが、病院で亡くなったらしい…
マッチャンは家も知っていて行ってみるとその頃はまだいつものように原さんのブルーシートの家がたっていた。
しかし不思議なもので、少したった今日行ってみると持ち主の無くなった家は完全にペシャンコになっていた。
そして中からそのオッサンが今まで集めていたゴミがあふれかえっている。

多分このままおいておくとゴミ収集の人が持って行って焼かれて終わりだろう…
別に原さんと生きている間何かの面識があったわけではないが、僕らがこれで作品を作れば何かの供養になるだろうと思い、一応手を合わせてそのゴミの山を検索させてもらう。

検索してみると、出るわ!出るわ!おもしろい物や使えそうな物が次から次へと出てくる。
メキシカンハットにプレステのコントローラー、スネアドラムに柔道着などなどありすぎてここでは書ききれない。
自転車に乗りきらないのでマッチャンに台車を取りに行ってもらっている間、一人で検索していると一冊のアルバムが出てきた。見てみると、どこかのおっさんがスナックのママと楽しそうに写っている写真がある。そして`原さんへ`と書いてある。
多分原さんがちゃんとした生活をしている頃に撮ったもので、淀川に引っ越す時、少ない荷物の中にそのアルバムもふくまれていたんだろう…
原さんのことは全然知らないが遺物を見ているとだんだんその人の人間性がわかってくる。一人でそんなことを考えているとだんだん感情移入してしまい、悲しくなってくる。
マッチャンも帰って来てそんなことを話していると、もう一人のオッサンが通りかかった。

そのオッサンは名前はわからないが、僕たちがゴミを集めているとよくはなしかけて来る。
「ここのオッサンもこないだまで行きとったんやけどなー!ころーっと死んだわ。まあ生きとるもんはいつかは死ぬからなー!」と言いながら、たきぎにするための木や、オッサンのゴミを入れる為のバックを探して持って帰ろうとしている。
「お前らはなんでゴミ拾うとんのや?」とオッサンが聞いてくる。「芸術です。」とマッチャンが答えると、
「テーマはなんや?」と聞いてきた。「テーマは宇宙です。」と答えるが、オッサンは全然聞いて無い。
「よし!ワシがテーマを教えてやろう!」としゃべり続ける。

「ダイオウを知っとるか?閻魔大王のダイオウや。それにオニとカミをくっつけるんや。」
ダイオウにオニとカミ?
「大王に鬼神や」
大王鬼神…?

ダイオキシンかよ!

おもしろすぎなので謹んで使わせていただくことにする。
その後そのオッサンは原さんの家にあった柔道着を着て、「よっ」とか言いながら変なポーズをするので写真を撮りまくる。
普通そういうオッサンは写真に撮られるのを極端に嫌うんだけど、全然大丈夫で逆にちょっと嬉しそうにしている。
オッサンとも震災の話や色んな話をして、その頃にはオッサンの生命力のせいで、へこんでたのも中和された気がした。

しかし今日は刺激が強すぎて疲れた…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

昨日

キリンアートプロジェクトの打ち合わせで二人で東京に行って来る。

それとは別に2,3日前から止まっていた僕の頭がフル回転しはじめていて妄想が止まらなくなっている。
本来ならはビックな人達と会うのだからガチガチに緊張しそうな所だけど、あまり気にならない。
新幹線を降りてから見えている風景をいじくり倒してマッチャンにしゃべり続ける。

動く歩道に乗っている時、掃除のおばちゃんが目に止まった。
おばちゃんは動く歩道に片膝をついて、歩道が動くのに任せて壁を掃除している。
思いついた!
僕もおばちゃんの真ん前に片膝をついて座り、歩道の流れに身を任せて油性マジックで壁に線を引いていくとどうなるんだろう?

キリンビール本社の中で、アートプロジェクトの関係者がずらっと並んでいる中に、さっき食ったラーメン屋の親父がなにげに混ざってたらどうしよう。

~~~~~~~~~~~~

打ち合わせが終わった後、マッチャンと一杯飲んで帰ろうということになり店を探すが、なぜかシンガポール料理の店に寄る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/21/2005

打ち合わせ

今日は打ち合わせで東京に行っている
早く着き過ぎたのでぼーっとする。050221_145527.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/20/2005

オッサンの話

近くに住んでいるオッサンが自転車で通りかかった。
こないだは青いマウンテンバイクだったのに、今日は赤色のマウンテンバイクに乗っているので「おっちゃん新しいのかったの?」と聞くと、「色塗り替えてん。」と言われた。
オッサンの話によると、オッサンは昔車の塗装の仕事をやっていたらしくてそのくらいはお手の物らしい。
本当に新品みたいに奇麗に塗り替えていた。職人技だ!ちなみにペンキは拾い物らしい…

その辺から車の話になる。

「ワシも昔は車に乗っ取ったけど、乗ったとたん人格変わるんや。警察にもよう追いかけられたわ。」
今の姿からは想像もつかないが、相当の走り屋だったみたいだ。
「グワーっと120キロ…」
え?普通の道を120キロで走るの?
「違う、120キロオーバーで捕まったんや。」

オッサンどんな運転してんだ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/18/2005

草苅

dvc00025.JPG
淀川に行ってみるとめっちゃ草刈られてた。
マッチャンがあわてて市の職員のひとに「僕らの作品の周りはちょっと残しておいてください!」
と直訴すると、「わしらも上から言われとるだけやからな~、あんたらアートの人やろ、まぁわかったわかった」となんとか顔パス。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/11/2005

キリンアートプロジェクト

少し前になるんだけど、なんと淀川にヤノベケンジさんが来た。

なんでそんなことになったのかというと、キリンアートプロジェクト2005の審査員をされているヤノベケンジさんが僕らの応募していたファイルに興味を持たれたみたいで、実際に作品を見に来て、面接というか、実地見聞というか、とにかく見てみようということになったみたいだ。

とにかくその時はビックなお客様を淀川ツアーに案内してヘトヘトになる。

それから半月位たった昨日のことなんだけど、キリンアートプロジェクト事務局の方から電話がかかってきてキリンアートプロジェクト2005に僕たちが内定したのを告げられた。

9月に東京でその後大阪でやる束芋さんと他3組(今はわからないけど僕たちのようにして選ばれた人達)での合同展に参加できるらしい。
そしてなんと予算も出る!

えらいこっちゃ!えらいこっちゃ!えらいこっちゃ!

ということでとりあえずビールを飲む。(いつもと同じか…)一応麒麟淡麗にしておきました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

02/08/2005

テレビ取材

dvc00024.JPG
よみうりテレビの人が取材に来た。

今日はいつもより早めの12時集合で寝起きの為頭がぼーっとしている。
取材の人が来て作業風景とか作品とかを撮られたり、インタビューを受けたりする。

2、3分だが早速今日の夕方のニュースで放送するらしい。
奥にしまっている作品を出したり、慣れないインタビューをうけたりで結構疲れた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/07/2005

焼け野原

dvc00021.JPG
100メートル位離れていいる所のヨシ原が焼けていた。
見た感じ200メートル四方は焼け野原だ。その中にはそこに住んでいたオッサンの家も4,5件含まれていて、すべて全焼。
多分そのどれかのオッサンの火の不始末が出火原因だろう…
いったんヨシに火がついたら枯れていてよく乾燥しているので手が付けれない。
僕らの所でなくて一安心するが、結構危険だなーと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マッチャンの空気展の作品

『宇宙人空気吸う』という題名。
ピンクの小さいのが顔dvc00019.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

空気展の作品

『空気うちわ』という作品
これであおぐと空気を感じられる。dvc00020.JPG

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/05/2005

空気展 by海月文庫

今回は作品つくるの本当に手こずった。

淀川に毎日通い続けていると頭の中が淀川ばっかりになってしまい、頭が固く固くなっていた気がする。
空気入ればっかり沢山集めて何か作ろうとしていたけど何も思い浮かばなかった。結局今となってはなぜ空気入れにとりつかれていたのかわからない。

もっともっと広い所とつながらなければ!
作品を作るのは淀川じゃない、自分だ!がむしゃらに考えるしかないのかもしれない…

おもしろいコンセプトは後からついて来るということは、直感的にわかる。
そんなことより重要なのは、つながりだ。

とにかく淀川に行かなくては!という気持ちが強すぎて自転車から見える風景ですら見えなくなってしまっていた。

町で僕が拾っているのはゴミだけではない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/02/2005

空気の研究

050202_160120.jpg海月文庫の『空気展』が近いので淀川で山本七平の『空気』の研究をよむ。

戦時中、戦艦大和の出撃が無謀と知りながらも特攻出撃せざるをえなかった空気に始まり、聖書を相対化の世界ととらえ、欧米などの文化が空気の支配を必然的に排除する経緯などが書かれていた。

相対化の原則は、逆もまた然りみたいなところがあって、例えば公害は絶対駄目だ!みたいなことを言って工場を全てぶっこわしても、それは公害っていう命題に振り回されているだけで結局は自滅するだけだろうってことだ。
そして日本人は空気に支配されやすく、それを防ぐために『空気』に『水』を差すっていう感覚、『水=通常性』の研究に続いていた。

この文章を書くためにじっとしていたらめっちゃ体冷えた〜

寒い!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/01/2005

風強すぎ!

今日はかなり寒い
大阪でも雪が積もった…

相棒のマッチャンは風邪でダウン。一人で淀川に行ってみる。
町中と比べると河川敷は3倍位風が強くてさすがにオッサンもブルーシートハウスにこもっているらしく、ほとんど出歩いて無い。久しぶりに一人でボソボソ作業をする。

一人で椅子に座って考え事をしているとだんだん眠くなってきて暴風の中うつらうつらと寝てしまう。
元々何処ででも寝れてしまう性格だが、こんな状況でも寝れてしまう自分に驚く。
どのくらい寝ていたのかわからないが体がかなり冷えていることに気付き、こりゃヤバイと思い撤収。

その後、淀川図書館に行ってぬくぬくと読書。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2005 | Main | March 2005 »