« April 2005 | Main | June 2005 »

05/29/2005

荒川白書 05,5,27

朝5時半起床、いざ荒川へ!
着いてみると川面に沢山の魚が死んで浮いている…2005_05_25_22_21_0001

結構凄い量で中には50cm以上もある鯉や、ウナギなんかも死んでいて近くのオッチャンに聞いてみると「酸欠で死んでる」らしい、普段はこんなことは無いという…

その後、インターネットの荒川のライブ映像に映って遊ぶ。

そして今回の荒川探検のメインイベントうさぎ大発生ポイントを探す。
ブルーシートのオッサンや管理のオッサンに道を聞いたりして頑張って探すが、なかなか見つからない…
っていうか実はネットで、もうウサギはみんなに貰われていって今はいないのは確認済みで、跡形だけでもということで探していたが、その途中で偶然荒川のディープポイントを発見する。
2005_05_26_16_39_0001

そこは人の管理の行き届かない場所で、得体の知れない物が流れ着いている空気がピリピリしていた。「オー!荒川にもこういう所があるんや!」とマッチャンと喜ぶ。

そしてついにウサギの跡発見!2005_05_26_17_23_0001

そこは2~300m四方の草むらの中にオッサンの家が集落のように集まっていて、その中の一つだった。そこにはウサギを捨てた人への警告の張り紙があるだけだった。2005_05_26_17_23_0002

いないものは仕方ないのであきらめる…

ウサギの家を後にして荒川最後の目的地気になる木に向かう。
その木は、昨日荒川に来てすぐに発見した木で凄くいい形をしていて、最後にもう一度見ておきたかった。2005_05_26_17_59_0001

いい形だ!しばしマッチャンと2人で写真を撮りまくる。

これでとりあえず荒川は終了。その後ついでに隅田川を下り月島まで行ってキリンアートプロジェクトでお世話になる、TAMADA PROJECTを見学し、銭湯でひとっ風呂あびてビール飲んで帰る。

最後に今回荒川で印象に残ったのは、オッサン達が犬を飼っていなかったことだ。その代わりなぜかみんな猫を飼っていた。


| | Comments (1) | TrackBack (0)

05/28/2005

荒川白書 05,5,26

26(水)朝6時、東京到着!その足で墨田公園に行き、レンタサイクルをする。3日で300円は安い!
荒川に向かって出発!途中99ショップで朝ご飯と自転車の荷台用の紐を買ってリュックを荷台に装着。

道に迷いながらも何とか荒川の四ツ木橋という橋のたもとに到着、天気も良く河川敷は青々としている。2005_05_25_13_19_0001

と、そこで間髪入れずマッチャンが橋の陰から犬の人形を拾ってくる。
2005_05_25_13_08_0002
お!いいの拾ったね~。

見回してみると川沿いにブルーシートの家もぽつぽつ見えて、なんか大きいし淀川に近いんじゃない?という淡い興奮を覚える。

とりあえず下流に向かって自転車を走らせる。
気付いたのは、荒川って淀川に比べるとすごく整備されている河川公園が多くて、人工の野草園があったり記念植樹があったりする。
バーベキューも禁止で、大阪のように酔っぱらってパンツ一丁で馬鹿騒ぎしているヤングもいない。

途中、バスの疲れからかベンチで休憩のつもりが、2人とも3時間ほど眠りこけてしまう。

葛西橋という海に近い橋を渡り、折り返して上流に向かう。遠くに東京ディズニーランドが見えた。
向こう岸は荒川と中川という2本の川が並んで流れていて、その間の人工的な中州をどんどん走る。
頭の上には中央環状線が走っている。2005_05_25_18_18_0001

平井大橋の辺で山中カメラさんと合流。河川敷なんで2人乗りもOKのはず…2005_05_25_20_47_0001

荒川って金ぱち先生のロケとかやってたんですね~!淀川でもミニスカートのお姉さんのグラビア撮影を時々見ます…

その後、黙々と自転車をこぎ続け気が付くと埼玉県の新荒川大橋という所…川の雰囲気的にもういいかな?という感じだったので上流はここまで、ということにする。
その日の晩は野宿の予定が、山中カメラさんのご厚意で家に泊まらせてもらう。

どうもありがとうございました!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/25/2005

荒川テクニック

ちょっくら荒川行って来ます。ここに僕たちが映ってるかも…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/23/2005

ミニピクニック

昨日のピクニックで何かの虫に刺されたみたいで、いろんなところが痒い。
結構弱る…

昨日都合で淀川に来ることの出来なかった友達を案内。
ついでに西中島から十三まで河川敷を歩いて鳥居まで案内する。
DVC00017
鳥居壊れてた

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/22/2005

淀川ピクニックとビジュアルラーメン

昨日は朝から小雨が降り始め、一時はどうなることかとおもいましたが、マッチャンがブルーシートで屋根をつくってくれたのと、DVC00014
作品見学ツアーをする頃には一端雨もやんでくれて、なんとか淀ピクを開催することができました。
雨の降る中、しかもあんな間違いだらけのチラシをみて遊びに来て下さった皆様、ホントにありがとうございました。
でも実は今の季節の淀川の日曜日は、本当に人が多くてものすごい芋洗い状態なのですが、雨のせいで人もまばらで気分的にのびのびできたような気がしました。

見学ツアーで奥地の方にいってみると淀川は打ち上げられた魚とクラゲにその上赤潮が発生していて、かなりキモイ状態でみなさん結構引かれてましたが、普段はもう少しきれいな川です。

ビジュアルラーメン
今回はおもてなし料理もちょっと考えてみました。
でもただのインスタントラーメンです。
しかし、パッケージのビジュアルを忠実に再現したインスタントラーメンを作ってみました。
DVC00016
結構近いでしょ?

DVC00015
数々のインスタントラーメン

DVC00013これもなかなかいい!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/21/2005

明日はピクニック

明日はビールとともに、「ビジュアルラーメン」はいかがですか?

皆様ふるってお越し下さい!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

淀川の生き物

最近緑がギュンギュン茂ってきて「オン・ザ・宇宙」も葉っぱで隠れてしまいました。
DSC00031
地面に3~4㎝位の穴が沢山空いている、多分カニが冬眠から出てきた穴だろう。中には結構でかいのもいて大量にがさがさ歩いていると結構きもい。
水面にはクラゲが沢山満ち潮の時に流されてきていて、時々うちあげられていてこちらも結構きもい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/19/2005

天国と地獄

今週の淀テクのテーマです。
松屋で牛丼を食べながらマッチャンの手帳を覗いてみると、天国のアイデアばっかり書いてある。ということは僕は地獄ってこと?
最近淀川は草生えてきすぎなんですけど、がんばって作品作ります!

それと淀ピク当日、連絡とれないと困るかもしれないので淀川ピクニックのコメントに電話番号いれときます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アートビート

アートビートがまたやってくるらしい。
その企画をされているパグマガの六畳川さんに取材を受けた。
昔アートビートに出品していた人たちの座談会のような形で、ホントに右も左も分からず活動していた頃の話ができてとてもおもしろかった。

当時のアートビートは淀川テクニックでは参加していなかったけど僕たちにとって成長のきっかけになったすごく重要なイベントだった。
僕にとって周りの人は全てライバル視で、その上何かモヤモヤしていてでも逆にそれが熱いってことだったんだなんだなーと思った。

今回も出品するかも…
こうご期待!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05/17/2005

とつぜんですけど

また淀川ピクニックします。

PHOTO001

| | Comments (6) | TrackBack (0)

05/09/2005

また天狗道場

天狗道場に行ってみると、おっさんは鬼殺しを大量に摂取しているようでかなりテンションが高かった。
今日はタイ人のアイちゃんもいてかなり盛りあがっている。
二人は同時に別々のことをしゃべり続けていて全然かみ合っていないようにみえているが、時々かみ合ったりしてりてよくわからんけどとにかく楽しそうだ。

「わしは英語がしゃべれるんや!今日はお前らに一つ教えてやる。」とおっさんが言った。
かなり流暢な感じで「Cow words to become with not!」
DVC00006

え?

今度はさっきよりも大きな声で「カゥ ワーズ トゥ ビコーム ミィズ ノォット!!!」

え?

「これは有名な松尾芭蕉という人が言った言葉や!カゥ ワーズ トゥ ビコーム ミィズ ノォット!」

何度も連呼していて、最後には立ち上がってポ-ズ付きで言っていた。
今日も一つ勉強になりました。DVC00005

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« April 2005 | Main | June 2005 »