« December 2012 | Main | February 2013 »

01/31/2013

10日ぶりに帰ってきた猫

10日ほど家出をしていた猫(ソネ)をやっと近所で発見した。

Dsc_0972

キジ模様の猫なんていくらでもいるからなかなか見つからないし、今まで外に出たことがない家猫だったので一番寒い時期を外で過ごさなくてはならないということは結構きついんじゃないのか?と思っていたけど、どうやらどこかで何とかしていたみたいだ。

そういえばうちの屋根裏の外側に小さな隙間が開いていてそこからどこかの野良猫が毎日侵入してきてどうやら暖をとっている。別の近所の猫は屋外給湯器の上に座って暖をとっていた。

猫は猫で色々考えているみたいだ。

Dsc_1443

ガリガリに痩せてしまっていて、普段はあまり餌を食べているところを見せないのだがこの日ばかりは脇目も振らず餌を食べていた。

猫目線を学んだ。

| | Comments (4)

01/28/2013

悪魔君のクマ

貸本時代の悪魔くん(水木しげる)の顔が怖いのはクマというか眼球に色を塗られている為になんだか怖いことが分かりました。
1


| | Comments (0)

ヤノベケンジ御生誕47周年記念祭で、まかろに亭いっぽん

昨日ヤノベさんのお誕生パーティに行ってきました。

この日の為に練習してきた「たらちね」(の途中まで)を披露。

312421_317823938338272_303424072_n

ただの古典落語ではなく、時々宇宙からのメッセージが来るため空を見上げる(セリフを思い出そうとする)と、観覧者に「イッポン」という掛け声をかけてもらう、というコンテンポラリー落語をさせて頂きました。

途中から宇宙からのメッセージが来すぎでグダってしまったのでまたいつかリベンジしたいです。

| | Comments (0)

01/27/2013

“野宿野郎”ついに入手

大学の帰りがけにガケ書房という古本屋がある。
セレクトが自分好み過ぎている為に古本屋で本を発掘する楽しみが無くなるような気がしてあえて近寄らないようにしていたのだが、先日後期の授業が終わった気の緩みからつい寄ってしまった。

で、やっぱり僕の去年の一大“野ブーム”の火付け役「野宿野郎」発見&即購入

Dsc_0967

(“野ブーム”とは去年くう・ねる・のぐそ野宿入門という2冊の本に強烈にテンションがあがってしまい、それが何故かと考えているうちに、共通のキーワードが“野”であるということに気付いた結果、酔っぱらう度に「これからは野が来るんだよ!」周りに絡みまくっていた一件)

あまり野宿経験の浅い僕はまだまだ野宿初心者なので野宿野郎とても励みになります。

「人生をより低迷させる旅コミ誌」っていうサブタイトルもいいですね、なんだか昔僕が務めていた会社を5月に辞めた時、「よし!これからはずっと続くゴールデンウィークだ!」と自分に言い聞かせたのを思い出しました。

| | Comments (0)

01/26/2013

マカロニ亭 いっぽん

学校で、生徒に僕が落語を練習してるんだといったら「まかろに亭 いっぽん」という芸名をいただきました。

あと別の生徒に「僕の今年の目標はオープンになることだ」と言ったら、「そりゃ隠れて暗い変態より明るくてオープンな変態の方がいいでしょ」と褒められた。

| | Comments (0)

01/22/2013

たらちね

わけあって三遊亭圓楽師匠の「たらちね」を練習しているが難しすぎて挫折しそうなので、ここで練習していることを公言して精進することにする。

フレーズを一つ一つリピートしまくって入念に聞き直すと圓楽師匠の言葉の選び方や空気の吸い方、抑揚のつけ方が見えてくる。

やっぱすごいわ~

| | Comments (0)

アー写

2005年にキリンアートプロジェクトで映像と撮ってくれた大西さんの生徒のなっちゃんにアー写と撮ってもらう。

なっちゃんは今月号の雑誌”写ガール”のフォトコンテストで大西さんを撮影した写真がグランプリを受賞した。
どんな写真が出来上がるか楽しみ

Dsc_0964

| | Comments (0)

01/21/2013

山本さんの書初め

アートリンクプロジェクトで相方の山本さんの書初め

Dsc_0957

だいぶ枝が出来たけどもう少し頑張る

Dsc_0956


| | Comments (0)

高嶺格版クールジャパンと会田誠展天才でごめんなさい

高嶺格版クールジャパンと会田誠展見てきた。

実は高嶺さんの展覧会をしっかり見たのは初めてだったが入る前から「オーイ!」という叫び声が館内に響いていてちょっとビビッていたが最初の部屋からかなりズドンとくる。
一瞬合同展か?と思えるくらい一つのテーマに向かって違う角度から切り込まれていて、何度も順路を逆走して見回した。

最後の部屋出た後は一本の壮大な映画を見たような感覚になる。

会田誠展
誰ピカからの大ファンなので見たことある作品もあったのですが、作品の配置と会田さん自身が解説しているハンディホンがとても面白かった。

真似できないな~

Dsc_0950

| | Comments (0)

自作輪行袋

輪行袋を余ったデニムで自作。

undefined

こういう時にミシン使えて良かったな~と思う。

しかし10キロを持って歩くと結構重いし、ストライダは折り畳んでも結構デカい。

| | Comments (0)

01/20/2013

朝の日光浴

水戸芸に行く為に東京駅のバス停に30分くらい並ぶ。
空気はまだまだ冷えていて、丁度朝日が身体に当たってほんのり暖かい。

こないだの十三のホームレスもこうやって身体を温めてたんだろうな~と思い出す。

意識的に太陽で暖をとるのは初めてでとても新鮮だが、それにしても眩しすぎて目が開けられない。

冬の太陽って優しい暖かさに比べて過剰に眩しい存在なのだと悟る。


undefined

| | Comments (0)

01/17/2013

スラックライン

今日は放課後、スラックラインという綱渡りみたいなスポーツをやった。

undefined
最初かなり恐る恐るだったけど、かなり面白い!
undefined
足プルプルなる!
undefined


| | Comments (0)

01/15/2013

俺好みの…

俺好みの柿の木


undefined

undefined

undefined

柿の木渋すぎ!

| | Comments (0)

01/13/2013

めばえ

作業場(土間)で作品を作っていると息子が突然「ハトを作りたい」と言ってくる。

どうやら僕の真似してゴミで作りたいみたいなので、軍手とホットボンドを渡し隣で作り始める。


Dsc01876


Dsc01878


Dsc01880


お姉ちゃんも加わり、狭い土間がもっと様くなる。


Dsc01883


弟の方は飽きたのか「むつかしい~」と言って脱落。
お姉ちゃんは何かブツブツ呟きながらゴミを引っ付けていく。


Dsc01888


どうも完成したらしい


Dsc01889

一応ホワイトバックで撮影


Dsc01893


何かはわからんけど抜けの良い感じに仕上がりました。

| | Comments (0)

淀川技術

香港のアートな雑誌に取り上げて頂きました。
Dsc01896


Dsc01897

ここまではわかるのですが…

Dsc01898

やっぱり漢字にすると淀川技術なんですね…

| | Comments (0)

栴檀(せんだん)

最近は「木ブーム」が到来しています。

昨日沢山実を付けている木があったので焚火で実を焼いて食べてみたのですが、ちょっと酸っぱくてエグみが強く、今日そのまま食べてみると皮ばっかりでヘンテコな風味でした。

Ptdc0770

気になったので家に帰って調べてみたところ、栴檀(せんだん)という木で、なんと人、犬が食べると中毒を起こし摂取量が多いと死に至ることが発覚。
まぁ少しかじった程度なので大丈夫でした。


ところで枝の伸び具合を木の気持ちになって考えると木自身の計算というか、感情が読み取れます。

「あ~ここでちょっと悩んで反対の空間を目指していったね」とか「枝を切られちゃったから、とりあえずの小枝を出しておいて、とにかく葉っぱを量産しておこうと思ったんだね」とか木を見るたびにいちいち想像してしまうのでとても忙しいです。

木も人間と同じようにその時その時で色々悩んで成長していると思うとなんだか励みになります。

| | Comments (0)

アートリンクプロジェクトのチラシは僕と山本さんが表紙になってます。

アートリンクプロジェクトのチラシが届きました。

ちょっと画像ではわかりにくいですが、僕とタッグを組んでいる山本さんが表紙になってます。

取手アートプロジェクトで一緒だったバイマンの岡本君や近所のアトリエのある佐川君も参加しています。

Photo

Ptdc0777


Ptdc0778


| | Comments (0)

淀川で焼いて食う

久しぶりに淀川ピクニック

昔淀テクの制作を手伝ってくれてたムラカミさんが「淀川に遊びに行きます!」とのことで、淀川で焚火をすることにしました。

勿論普通に焚火をするのはNGなので、バーベキュー用の鉄板を地面から少し浮かせて置いて、その上に淀川の奥地で集めた流木に着火。

夏場は物凄いにぎわっている河川敷のバーベキュー広場も今日は自分たちだけ…

ただの焚火もなかなかおつなのですが、食材を各自持ち寄って焼いて食うことにしました。

Dsc01858

墨を買ってきてその上に鉄板を載せて焼く一般的なバーベキューって、煙も出ないし火で温められた鉄板で食材を焼くので実質は家庭で行われている炒め料理とさほど変わらない気がするのですが、それに比べて焚火は煙と直火でアルミホイルに包んだ食材を焼くので火との距離がとても近いです。


Dsc01859

玉ねぎ丸ごととか


Dsc01864

エリンギ


Dsc01871

定番マシュマロ


Dsc01863

後は焼き芋とかオムスビとか餅とかを焼いたのですが、何も考えず焼き始めたのでコンビニに塩と醤油を買いに行く。

もうちょっとバランスよく食材を混ぜてホイル焼きみたいにした方がよかったな~と反省

でも圧倒的に食材が引き立って旨いのと、危険という理由でどんどん遠ざけられている焚火はとても刺激的でした。

結構面白かったのでまたやるかも~

| | Comments (0)

01/09/2013

冬の朝のホームレスの日光浴は太陽の光と暖かさを一身に浴びて一種の神々しさを感じる。

冬の朝のホームレスの日光浴は太陽の光と暖かさを一身に浴びて一種の神々しさを感じる。


201318

じっと動かない

| | Comments (0)

01/07/2013

きのこのこと

キノコとの出会いは実家にあった「日本のキノコ」という図鑑でした。

パラパラと見ている内にキノコの不思議な形、色にだんだん惹かれていったのですが、よく見てみると何人かの写真家が携わっていて、中でも井沢さんというカメラマンが撮った写真がとても気になるのでした。

ただ写真がきれいなだけにとどまらず、なんだかキノコがエロい、、、何故か写真から独特のオーラというかテカりがでていました。

それだけでも結構キノコのとりこだったのですが、決定的になったのはあるパーティーでヤスデ650匹と暮らす美術家、池内美絵さんと喋っていたとき井沢さんがキノコの写真家だけにとどまらず野グソでもカリスマだと教えてもらったことでした。

「くう・ねる・のぐそ」という本を紹介してもらい即買い

(っていうか第一回のぐそ検定始まってる!!)

謎のベールに包まれていた憧れの井沢さんの正体が明らかになってきて菌類のディープな世界にすんなりはまってしまいました。

ノグソのバイブルとしてもとても参考になる本ですが、ここまで一個人が自分をさらけ出しているエッセイというか文章もなかなかないおススメの一冊です。


菌類自体も自然界の中で絶妙な存在感をはなつ、底なしに奥が深い生き物なこともわかってきました。
また浅学ですがチョコチョコ紹介したいと思っています。

後、僕が酔っぱらっている時はキノコの話のスイッチが入りやすくなっているので気を付けてください。

| | Comments (0)

ならならならならならならならなら

今日はアートリンクプロジェクト行ってきました。

かかしの家の敷地内にある、軒下を借りて作業中

Dsc01807

理事長さんがくれたタンスの中にゴミを分別保存

結局陶器の破片はこんな利用方法にしました。


Dsc01813


山本さんという方とタッグを組んでいるのですが、普段はかかしの家で味噌を作っていて、休日はソフトボールをしているそうで、僕と色々喋りながら作品を作っていきます。

公園にもスケッチしにいく。
Dsc01818

僕自身ちょうど色々な変化の時期とかぶさっていてとても刺激的な制作です。


会期:2012年1月26日(木)~2月5日(日)
会場:奈良県文化会館展示室、奈良町界隈、奈良市ならまちセンターほか
入場:無料

| | Comments (0)

01/05/2013

昨日の出来事 中津の木

2013.1.4
中津淀川沿い、新芽がやたら緑な木が目に止まる。
良く見ると一度全て切られた切り株の横からニョキニョキ成長している。その上そばの金網も取り込んでいる。
先日までこの木の下にホームレスの家があったが今は跡形もない。

201214


| | Comments (0)

01/04/2013

寝台列車は泥棒列車 「わくわくインドへ行く前に」西塚信一 著

デリーからヴァラナシ経由カルカッタ生きのラージ・ダーニ・エクスプレスは有名な長距離列車だが、就寝中の盗難が多く、別名チョローエクスプレス(泥棒急行)と呼ばれている。

ってすごい…

| | Comments (0)

そういえば淀テク中学校の教科書に載ってます

さっき思い出したのですが、淀テクの作品が 平成24年度日本文教出版の中学生向けの美術の教科書「美術2・3下社会に広がる美術」に掲載されています。

H24cbi3_500

僕らの作品が中2の脳裏に刻みこまれると思うと嬉しいです!

| | Comments (1)

01/03/2013

対象物をよく観察することって絵を上手に描く以上の収穫があるよね

手帳にこんなメモが…

アーティストは対象物を良く観察して絵を描いているということだ。初心者のうちは紙の上の自分の絵ばかり見ていて、対象物をあまり見ないという過ちを犯してしまう。

しっかりと対象物を見ないで、どうやって紙の上にそれを再現できるだろうか。十分に観察し、その上で自分の個性を絵に織り込んでいくようにしたい。

集中して対象物をを見ること以外にいい絵をかく方法はない。細部に気を配り、観察し、正しくものを見る技術を身に着けることさえできれば、他に必要な技術は自然と自分のものになってくる。

デッサンは失敗はつきものだ。失敗から学ぶ心を持つことが大切なのだ、と覚えておこう。

「完璧デッサンテクニック」
スタン・スミス 著
曽根 洋明 訳

対象物をよく観察することって絵を上手に描く以上の収穫があるよね

| | Comments (0)

01/02/2013

3月に鳥取に引っ越します。

実は3月に鳥取県の智頭町という町に家族で移住する事になりました。

理由はいくつかの家庭の事情があるのですが、その一つに子供達を
森のようちえん、まるたんぼう
に通わせるという目的があります。

今の幼稚園もとても良いところなんですけど、子供の内によりディープな発見とコミュニケーションを体験してほしくいと願っていたところ、僕と嫁の実家に近くにまるたんぼうというとてもアクティブな幼稚園があることを知り、色々考えた結果、家族で移住することにしました。

で、肝心の淀川テクニックなのですが…


勿論続けます!

詳しくはまたお伝えしますが、自分のコンセプトが明確になったことにより、もっとディープな淀川テクニックを展開していこうと思っています。
ホームグラウンドである淀川でも活動予定です!


引き続き京都造形にも週に一回通う予定なので関西半分鳥取半分な生活になりそうです。

今年も色々ありますがよろしくお願いします!
淀川テクニック 柴田

| | Comments (5)

01/01/2013

明けましておめでとうございます!

去年は沢山の発見とコミュニケーションがありました。
今年はもっと沢山の発見とコミュニケーションの為のアクションを起こしていきます!
めっちゃ楽しみです!

今年もよろしくお願いします!
淀川テクニック 柴田英昭

| | Comments (0)

« December 2012 | Main | February 2013 »