« 冬の朝のホームレスの日光浴は太陽の光と暖かさを一身に浴びて一種の神々しさを感じる。 | Main | アートリンクプロジェクトのチラシは僕と山本さんが表紙になってます。 »

01/13/2013

淀川で焼いて食う

久しぶりに淀川ピクニック

昔淀テクの制作を手伝ってくれてたムラカミさんが「淀川に遊びに行きます!」とのことで、淀川で焚火をすることにしました。

勿論普通に焚火をするのはNGなので、バーベキュー用の鉄板を地面から少し浮かせて置いて、その上に淀川の奥地で集めた流木に着火。

夏場は物凄いにぎわっている河川敷のバーベキュー広場も今日は自分たちだけ…

ただの焚火もなかなかおつなのですが、食材を各自持ち寄って焼いて食うことにしました。

Dsc01858

墨を買ってきてその上に鉄板を載せて焼く一般的なバーベキューって、煙も出ないし火で温められた鉄板で食材を焼くので実質は家庭で行われている炒め料理とさほど変わらない気がするのですが、それに比べて焚火は煙と直火でアルミホイルに包んだ食材を焼くので火との距離がとても近いです。


Dsc01859

玉ねぎ丸ごととか


Dsc01864

エリンギ


Dsc01871

定番マシュマロ


Dsc01863

後は焼き芋とかオムスビとか餅とかを焼いたのですが、何も考えず焼き始めたのでコンビニに塩と醤油を買いに行く。

もうちょっとバランスよく食材を混ぜてホイル焼きみたいにした方がよかったな~と反省

でも圧倒的に食材が引き立って旨いのと、危険という理由でどんどん遠ざけられている焚火はとても刺激的でした。

結構面白かったのでまたやるかも~

|

« 冬の朝のホームレスの日光浴は太陽の光と暖かさを一身に浴びて一種の神々しさを感じる。 | Main | アートリンクプロジェクトのチラシは僕と山本さんが表紙になってます。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 冬の朝のホームレスの日光浴は太陽の光と暖かさを一身に浴びて一種の神々しさを感じる。 | Main | アートリンクプロジェクトのチラシは僕と山本さんが表紙になってます。 »