03/11/2008

KITA!!展

KITA!!展 インドネシア横断ツアー

旅行期間:2008417日(木)~423日(水)

旅行代金(お一人様):158,800


月 日 曜

発着地/滞在地名

現  地

発着時刻

交通機関名

摘   要

食事

417

()

成田発

ジャカルタ着

ジャカルタ発

ジョグジャカルタ着

1125

1705

19:20

20:20

JL725便

GA216便

専用バス

空路、ジャカルタへ

到着後ホテルへ

市内レストランにて夕食

(ジョグジャカルタ泊)

418

()

ジョグジャカルタ滞在

夕刻

ホテルにて朝食、その後自由行動

グランドオープニングパーティー参加

(ジョグジャカルタ泊)

×

×

419

(土)

ジョグジャカルタ滞在

終 日

ホテルにて朝食

その後、自由行動

~オプショナルツアーなどでお楽しみ下さい~

(ジョグジャカルタ泊)

×

×

420

(日)

ジョグジャカルタ発

ジャカルタ着

11:15

12:20

GA207便

専用バス

ホテルにて朝食、その後自由行動

ジャカルタへ、空路にて移動(12:20着)

到着後、ホテルへ

(ジャカルタ泊)

×

×

421

()

ジャカルタ発

バンドン着

10:00

12:00

17:00

19:00

専用バス

各 自

ホテルにて朝食

その後バスにて、ムルデカ広場、

カテドラル等を観光 (車窓観光になります)

市内にて昼食(約1時間)

陸路にてバンドンへ(約4時間)

バンドン着、ホテルへ

夜、オープニングパーティーに参加

(バンドン泊)

×

422

()

     

バンドン発

ジャカルタ着

ジャカルタ発

10:00

17:00

20:25

22:15

専用バス

JL726便

ホテルにて朝食

バスにてジャカルタへ

  途中、ボゴールにて植物園へ(約2時間)

ジャカルタ到着後、コタにて夕食

空港着

空路、帰国の途へ

(機内泊)

423

(水)

成田着

7:45

通関後、解散

※発着日時および交通機関名は変更となる場合がございます。

JL=日本航空(JAL) GA=ガルーダインドネシア航空

※食事条件:朝=朝食 昼=昼食 夕=夕食 機=機内食

■最少催行人員:15名

(但し15名に満たない場合は中止いたします。催行については3月中旬にご連絡いたします。)

■申込締切日:2008年3月14日(金)(但し、ツアー定員(20名)になり次第締切ります)

■利用予定日本発着航空会社:日本航空 

■利用予定宿泊機関:ジャカルタ:ホテル日航 ジャカルタ  21室利用 

          ジョグジャカルタ:ノボテル ジョグジャカルタ 21室利用

          バンドン:サボイ・ホマン・ホテル ビダカラ  21室利用

■食事:朝食5回、昼1回、夕食2

■添乗員:同行しませんが、現地ガイドがご案内いたします。

■一人部屋利用追加代金:23,000円

※本旅行は21部屋の相部屋が基本となります。同室希望の方がいる場合は、その旨申込み用紙にご記入下さい。                                                                        また相部屋をご希望していたにもかかわらず、参加人数の都合上、結果的にお一人で部屋をご利用される場合は、一人部屋追加代金はいただきません。

」■旅行代金について(旅行代金算出基準日:200836日)

【旅行代金に含まれるもの】

   航空運賃

(この運賃・料金には、運送機関の課す付加価値・料金を含みません。付加運賃・料金とは原価の水準の異常な変動に対応するため、

一定の期間および一定の条件化に限りあらゆる旅行者に一律に課されるものです。)

   宿泊代金:ホテル・ツインルーム(洋室2人1室利用、シャワー・トイレ付。ただし、バスタブ付の部屋になることもあります)

   食事代金:朝食5回、昼食1回、夕食2回(機内食はこの回数に含みません)※上記代金はお客様の都合により、一部利用されなくても払い戻しいたしません。

   送迎料金:空港・ホテル間往復送迎専用車・現地ガイド料金

   団体行動中のチップ・税金

   添乗員費用(添乗員は同行しませんが、現地ガイドがご案内いたします)

   手荷物料金……お一人様一個見当(航空会社規定内)

【旅行代金に含まれないもの】

上記以外は旅行代金に含まれませんが、参加に当たって通常必要となる費用を例示します。

①個人的性格の費用:飲物代、クリーニング代、電話代など

②オプショナルツアー代金(参加希望者のみ)

③手荷物超過料金

④傷害、疾病に関する医療費

⑤任意の海外旅行傷害保険料行程表記載以外の食事代・飲物代

成田空港施設使用料:大人(2,040円)、小人(2歳以上12歳未満)(1,020円)、幼児(2歳未満)無料・現地空港税:国際線:1,270円、国内線:699円・その他(インドネシアアライバルビザ):8日間まで(インドネシア滞在7日間以内)10US$(約1,048円)、を現地空港にてお支払い下さい。(大人・こども・幼児同額)・燃油サーチャージ往復:約32,980円 (※200841日からの料金になります)

※上記の日本円換算額は200836日の三菱東京UFJ 銀行の店頭売り渡し電信送金レート(100インドネシアルピア=1.27円、1ドル=104.78円)を基準に算出しています。

※航空会社の定める付加運賃・料金が変更された場合は、増額になったときは不足分を追加徴収し、減額になったときはその分を返金いたします。

 

■旅券・査証について

旅券(パスポート):この旅行には入国時6ヶ月+滞在日数以上必要。旅券の査証欄の余白が2ページ必要。

※お申込み時に有効なパスポートをお持ちでないお客様は、早急に取得申請手続きを行ってください。(取得に関してはお客様ご自身の責任で申請手続きを行ってください。)

査証(ビザ):入国に際し査証が必要になります。観光査証の滞在可能日数は7日または30日。

※観光査証は入国時にジャカルタ、バリ、ビンタンなど主要海空港で取得可能。

(日本国籍以外の方は自国・渡航先国の領事館、入国管理事務所にお問合せください。)

■お問い合わせ先

旅行企画・実施

近畿日本ツーリスト株式会社 

東京法人旅行支店

担当:高橋 ( TEL03-6658-1021  FAX03-6658-1022 )

takahashi070673@mb.knt.co.jp

130-0013

東京都墨田区錦糸321

国土交通大臣登録旅行業第20号 (社)日本旅行業協会正会員 

旅行業公正取引協議会会員 ボンド保証会員

営業時間:月~金 9301730

(土日祝日・年末年始(12/29-1/6)休み )

総合旅行業務取扱管理者:高浦雅彦、巽栄治、山崎陽一

*旅行業務取扱管理者とはお客様の旅行を取り扱う営業所での取引責任者です。このご旅行の契約に関し、担当者からの説明にご不明な点がございましたらご遠慮なく上記の旅行業務取扱管理者にご質問ください。

管理番号:044908031015-K-PHP

| | Comments (0)

10/30/2007

昨日は

疲れて途中で寝てしまいました…

もう一度告知です

無料!

11月10日、10:00より中津商店街で開催される「中津商店街100MArts 通り抜け」に参加します。

100m_arts_1_6 100m_arts_2_2

| | Comments (0)

09/05/2007

バチ

仏壇投げ捨てられてました

F1000192

高い確率でバチが当たるでしょう

| | Comments (3)

01/25/2006

展覧会

展覧会も残すところあと二日です。
昨日は給食おばさんのウツボさんが突然表れてパフォーマンスしていただきました。
DVC00053

今回の展覧会はゴミ淀川産26円より色々販売しております。お気軽にお越し下さい。
そういえばDVDとかも作ってみました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

01/15/2005

淀川

淀川に通い続けてていると、毎日が嵐のように過ぎていく。

もう少ししたら、ちょっといい報告ができるかも…
いつもたき火をしながらビール飲んで色んなことを話して、ちょこちょこ作品を作っているだけなんだけど気が焦ってしまう。

今年はかなり忙しくなりそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/27/2004

GEISAI-7 メダリスト展

3月20日に開催されるGEISAI-7のメダリスト展で、淀川テクニックも参加させて頂くことになり、昨日(26日)その打ち合わせの為、東京に行って来た。
打ち合わせ会場には村上隆さんをはじめ、関係者、過去のGEISAIの受賞者の方々も勢揃いでマッチャンも僕も緊張しまくる。
個人的に僕はGEISAI-2から参加していて、当時は受賞された方々やその作品をスゲーナーって見上げていた。今回そんな方々と一緒にメダリスト展に参加できるのは本当に光栄だ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/24/2004

取材

Dvc00020讀賣新聞の人に取材を受けた。
以前、九月頃にも同じ記者の方に取材と写真を撮って頂いたのだが、十二月になっていざ記事にしようとしたらところ、写真の僕たちは半袖でそれはちょっとマズイということになったらしい…

記者の方の要望で今回もチヌの写真を十三大橋の下で撮ることになり、西中島に置いてあるチヌを十三大橋の下に移動するがけっこうそれがしんどい。
河川敷にはバイクが通り抜け出来ないように1m位の高さのゲートがあって、普通の自転車位なら隙間を通れるがチヌはデカすぎて通れるないのでマッチャンと二人でチヌを持ち上げてゲートの上を通過させる。

いつまでたっても取材慣れ出来ない僕たちはぎこちない…突然笑って下さいと言われても変な笑顔しか出て来ない。
でもカメラマンと記者の方は僕たちの作品を気に入ってくれたみたいで、苦労して持ってきたかいがあった。やっぱりたまにはいろんな人にお披露目をして意見を聞くのも大切だ。

僕の持っていたざくろをマッチャンと二人で食べた。

オマケ
取材が終わって西中島にチヌを持って帰りながらブルーシートハウスのオヤジを観察していると、後ろ向きのテレビを普通のテレビの様に眺めていた(電気すら無いのに…)041224_133301.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

鳥居

Dvc00019最近、十三大橋の下に鳥居を作った。
十三大橋の下には今まで色々な物をつくったが、今回のが一番わびさびのあるものになった。

前々からマッチャンと鳥居を作るアイデアはでていたんだけど、ちょっと宗教っぽいのもあって考えすぎてて見送っていた。
でもよくかんがえると、町中にはたちションよけの鳥居のペイントだっていっぱいあるし、なにしろあの強烈な形は魅力的だった。

鳥居なんか材料もあんまり拾ってこなくていいし、すぐにできたが、案の定完成してみるとかなり強烈だった。
というか、自分で作っといて自分でびっくりした。
なんかよくわからんけど田舎の呪いパワーみたいなのを感じた。
昔のアニメでサスケっていうのがあったけどなんかそんな雰囲気だ。

次の日は少し調子に乗ってマッチャンと僕で一つづつ計三つつくった。
少し離れてみるとスカイビルと重なってスカイビルも鳥居に見えてきた。
他の人にそれをつっこまれたら、それも計算の内だと言うことにする。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

12/21/2004

淀川テクニックってなんやねん!

淀川テクニックは淀川に落ちているゴミ、漂流物などなんでも拾って作品を作るけどそれだけではありません。

淀川で泳ぐことはもちろん、夕立の時に橋の下で勢い良く落ちてくる排水で滝に打たれたり、水面に立ったり、水陸両用台車で淀川遊覧をしたり、ブルーシートに住んでる親父が飼っている野犬の群にわざと突っ込んで追っかけられたりと、今までかなり重要な任務をこなしてきました。

しかし時々、ふと我に返って自分たちのやってきたことを振り返ってみると、いつもニヒルな気分になってしまいます。そんな弱い自分をまぎらわす為にも缶ビールを飲むのです。

| | Comments (7) | TrackBack (0)